サイトを利用した薬剤師の転職

妻の妊娠と家族の病気を機に転職を決意

薬剤師として病院勤務していたが体調を崩す妻の妊娠と家族の病気を機に転職を決意薬剤師専門の求人サイトの利用で希望の病院に転職

そのタイミングで、初めての子供ができたのと実家にいる母が大きな病気をしてしまいました。
母の病気はなんとか持ち直したのですが、これはタイミングなのではないかとおもいきって東北にある実家の近くで勤務先を探すことにしました。
私は元々は東北地方出身で、当然ながら実家は東北なので距離にしてかなり遠かったので、帰省するタイミングで最初は就職活動もしていたのですが、働きながら何度も足を運ぶことは現実的ではありませんでした。
そこで、転職サイトというのを利用してみたのです。
最初は、他業種も含めた大きなサイトに登録していたのですが、色々と調べてみたところ、薬剤師だけのサイトもあることに気づきました。
それなりに特殊な職業で、専門知識や経験が必要な業種ですのでそれを把握しているサイトの方が、より成功への近道となるはずなので、すぐに登録をしました。

でもねぇ、薬剤師が全く活躍出来てない病院の医師・看護師らは、概ね、薬剤師に対してそんな雰囲気と感じるよ。
そこからうちの病院に転職してくると最初はそんな雰囲気醸し出すが、うちはバリバリ薬剤師が病棟で活躍してるからそのうち「薬剤師ってこんなふうに関与してくれるんだ」と気がつき始める。

— gadrinium@ポケモンフレンド探し (@gadrinium) 2019年7月5日
登録してみて驚いたのはその掲載数の多さです。
自分で条件を入力して、それに合う候補先が出てくるのですが最初は非常に多くの病院や診療所まで出てきて困りました。
私の条件はまず実家から3キロ圏内であることです。
今後両親も高齢に差し掛かり始め、体力の衰えが目に見えていましたのでできるだけ近くに勤務先を決めたかったのです。
更に、子供を預かってくれる保育所が併設されていることも条件に入れました。
生まれたばかりの子供で、しばらくは妻が育児にがんばってくれることを予想しながら、元々共働きでしたし幼稚園に入るまで子供を預けられるような環境が整った病院があれば問題ありませんでした。
この条件で検索をしてみたところ50件も案件があり、サイト上の情報ではどこも同じに見えました。